しのざきのおと。

人からエネルギーをもらって、自分からもエネルギーを発して、の循環ができたらいいなぁと。

楽しく歌えるようになりたい。。。!

私はオシャレに疎いので自分に合う服とかいい感じの服の合わせ方とか全然わからないのですけど。
本や漫画は好きなので本屋にはちょこちょこ行きますし、それなりに量も読んでそれなりに失敗買い(自分の趣味に合わなかった的な意味で)しているので、今では自分の好きな本・自分に合う本を選べる・探し当てる確率はそこそこ高くなっている気がします。
オシャレな人はやっぱり普段から私が本屋に行くように、いやそれ以上の割合で服を見ていますし、雑誌なんかも見てるもんだなーと思います。だからこそ、「いざ」という時にいい物を選べるんですよね。服が必要な時だけ服屋さんに行ってもだめなんですよね。

そして、好きな服と似合う服が違うように、歌いたい歌と自分の声に合う歌って違ったりしますよね。本当は「好きなものが似合う自分」になれれば一番良いんでしょうけど難しいですよね。
服も試着してみてわかる事っていっぱいありますし、普段着ない服を着てみて「あ、意外とこういうのも似合うな?」なんて事もあるじゃないですか。それと一緒で歌も色んな物をたくさん歌ってみる事で「自分に合う歌」がわかってくる気がするなー?なんて最近思ったりします。

私は歌が下手なんですよね。で、今までは歌が上手い人の歌を聞いては「上手い人は元々上手いんだろうなー、羨ましいなー。歌って才能だし…」とか思って逃げていたんですが最近、「自分は元々歌が全然上手くないし、センスが無いのもわかっているけれど、だけれどもどうしても上手くなりたい」と思うようになりました。少なくとも、自分の歌が好きになれるぐらい・自分で歌っていて楽しくなるぐらいは上手くなりたいなぁと(それってほんとは究極ですけどね)。そして、そう思えるようになるには私には単純に練習が足りないなと思いました。

昔、合唱をしていた時に(していた癖に歌が下手なんです!!!!)「あーいいなー、俺も●●(すごく上手な子)みたいに上手くなりてぇな〜、あいつは才能あって羨ましいな〜」としょっちゅうぼやいてる子がいました。ある時私はムカついて「そんなに上手くなりたいなら練習すればいいじゃん。●●は元々上手かったらしいけど、今でも上手くなるために練習し続けてるから上手いんだよ。あんたは元々上手い訳でもないんだから、●●以上に練習しなきゃ上手くなる訳無いじゃん!!」と言った事があります。今になって「おい、それ自分の事だろ」と思います(笑)。

下手なのも、センスが無いのも関係ない。上手くなりたきゃなりふり構わず練習するしかない。そうやって練習し続ければ絶対にそのうち上手くなる。そうやって色んな事が上達した子を私はたくさん知っています。私もそうなりたい。そうなってやる、と思っています。

なんでこんな事を思ったのかと言うと、ハロプロの曲を楽しく歌いたいと思ったからです…こんな風に思わせてくれたハロプロに感謝だよ!まぁ私の声はアイドルアイドルした曲には全然合わないんだけどね!かっこいい系の曲から頑張って練習するよ!!

ハロ好きの方はカラオケでどんな風に楽しんでるのかなー?なんて考える最近です。