しのざきのおと。

人からエネルギーをもらって、自分からもエネルギーを発して、の循環ができたらいいなぁと。

初めてモーニング娘。の個別握手会に行く方へ

ハロプロに限らず、初めて現場(コンサート、握手会等)に行く時は緊張する人も多いかと思います。
そんな時、ネットで経験者の情報を調べてみるという人も多いと思います。
私もそのタイプで、それぞれのジャンルで親切な人に教えてもらったり、初心者向けの記事を読んで勇気をもらったりしたものです。

という訳で、まだまだファンになって・握手会に参加するようになって日も浅い私ではありますが、誰かのお役には立てるかもしれないと思い、私なりの「握手会にはこういう感じで参加しています」というのを書いてみようと思います。あくまで私場合はこうです〜、というだけで「皆さんもこうするべき!!」という訳ではありませんので〜。
なおこれは「個別握手会」の話です。イベント握手会などで全員と高速で握手する場合ではありません〜。

【事前準備】
握手券を購入する
超基本。「後で買えばいいや〜」とか思っていると忘れてしまったりするので忘れる前に行動を
モーニング娘。の場合はforTUNE musicというサイトから握手券を購入することになるので今後握手会に行ってみようかな?という人は事前登録しておいてもいいかもしれません。募集期間内に申し込んで、抽選方式で買えます。CD発売後にCDと一緒に家に握手券が送られてきます。
何枚買うのか問題はご予算に応じて…。モーニング娘。の場合はメンバーを選択して買えませんので(2グループには分かれていて、その中からランダム)どうしても握手したいメンバーがいる場合はTwitter等で自分の持っている券と交換できそうな人を探してみると良いと思います。
購入の際は①日時・場所 ②衣装 を参考に参加日を考えると思うのですが、もしその時期に握手会以外のイベントやコンサートに参加する予定があるなら、その直後の日程に参加するとタイムリーな感想をメンバーに言えておススメかな〜と思います。

話す事を考えておく
その場のフィーリングで!タイプの方や、話すのが得意な方や、「頑張ってくださいだけ伝えられれば十分なので…!」タイプの方は必要ないと思うのですが。
いざ当日になって「あれー、すごい伝えたい事あったんだけど何だったかな…」となったりとか、握手が終わった後で「あ〜、そう言えばあれ言いたかったんだ…!!」となるのが嫌な方は、日々話したいことを思いついた時点でメモしておくのがおススメです。手帳の握手会の日付の所に書いておいてもいいですし、ケータイのメモや未送信メールに残しておくのでもいいと思います。
とは言え、こういうことを全然していない人もたくさんおられますので「そこまで準備しないとだめなのか…」などと尻込みだけはなされぬよう…あくまで、こういうのもありますよ〜、ということです。

ファンレターを書いておく
これも、書きたい人は、という感じ。握手会会場にはプレゼントボックスがあるのでプレゼントやファンレターをそこに託すことができます。私は握手会では上手く話せないかもしれないので、握手会で話そうと思っている事を手紙でも書いたりしてます。(★2017年3月にプレゼントボックスは廃止になったので現在はこれはできません。が、それまでの文化の記録としてこの文は残しておきます)

会場の場所を確認しておく
似たような名前の会場もあるので、事前によくよく場所を調べておくと良いと思います。間の空き時間が長い方は近くの美味しいお店や時間がつぶせそうな場所をリサーチしておくと快適に過ごせると思います。

【当日(握手前後)】
握手会は部ごと入場時間が決められていますので、特にすごく早くいく必要はないと思います。ただ、場合によっては電車の遅延なんかもあると思いますのでその辺も考慮しつつ出発します。

握手券・交通費を持っていく
アホみたいな話ですが、くれぐれもこの2点だけは忘れないように…私はコンサートにチケットを持って行き忘れたことがあります!だいぶ早い段階で気が付いたのでなんとかなりましたが!!シャレになりませんので!!

汗対策
夏などで会場に着くまでにたくさん汗をかいてしまいそうな時は汗ふきシート的な物をコンビニなどで買っておき、握手の前に使っておきたいところ。場合によっては替えのTシャツを持って行くとか。
これは握手会だから、ということではないとは思うのですが人が多く集まったりする場所では気を遣った方がいいのかなーなんて思ったりします。メンバーもその方が嬉しいでしょうし、初めて現場に来てくれたファン(特に若い女の子とか)が「モー娘。現場って汗の匂いを全然気にしない人がたくさんいた…」というイメージになると今後現場に来たくなくなってしまうかなーとか思うので…気を付けています。

話すことをコンパクトにまとめて復唱する
事前準備をふまえつつ、になるのですが。たくさん話したいことがあっても、時間には限りがあります。握手券1枚で8秒ぐらい?だと思います。
私の感触としては
1枚:挨拶+1ネタ(この前コンサート行きました〜→わーありがとうございます→●●のとこすっごくよかったです、次の楽しみにしてます→ありがとう、また〜)
2枚:挨拶+1ネタを膨らますor2ネタ
…ぐらいかな、と。2枚あると「お話したな」感がと得られる気がします。
私は、自分が覚えられる能力を考慮しつつ、予備の話題含めてネタは多くても3つまでと決めています。で、忘れないように列に並んでいる時にぶつぶつ復唱しています。

レターセットを持って行く
何部か参加する場合、持って行くと合間の時間に前の部の感想を書いてその場でプレゼントBOXに入れられるので便利だなーと思います。これはまぁ、書くのが好きな方向けですかね。

【当日(握手時)】
超笑顔で行く
鏡を見ない状態で「笑顔」を作ってからそれを鏡に映してみると、案外自分が思っているより笑顔じゃないんですよね。私の場合だと「半笑い」ぐらいです。「超笑顔」ぐらいのつもりでやって、やっと「自分が想像している自分の笑顔」ぐらいの感覚です。
こちらがメンバーと握手する場合、特に初めてだと相手が全力笑顔でいてくれるとほっとしませんか。そして普通の表情ぐらいだとちょっとそわそれしませんか。普通に考えればメンバーは長時間立ちっぱなしで握手している訳ですし、初めて見た顔の人にはそのぐらいのテンションで普通なのだと思うのですけど、何というか、ファンの勝手なわがままで「笑顔でいてくれたら安心できるなー」みたいのはあるんですよね、私のような小心者には。笑顔でいられすぎても天使すぎて困るんですが(どっちやねん)。
メンバーの方も同じような気持なのかなーと思いまして。お客さんが笑顔で入ってきてくれた方が心の負担が少ないのかなーと思いまして。緊張しすぎて不可能な時もあるんですが、できる限り超笑顔でブースに入るようにしています。その方が、メンバーの反応も良い、というか「あ、この人は私に対して敵意を持っていないんだな」と安心してくれているかな?と感じます。私個人の握手会の時のモットーとして「メンバーに負担をかけない」というものがあるので、自分が笑顔を見せる事でメンバーの精神的負担が少しでも減ったらいいなぁ、と思っています。
そのモットーに基づき、私は握手の時には「ほめまくりParadise」が基本です。それも、できたら「その子が頑張っているであろうところ」に気が付いて褒めてあげたいし、もっと言えば「その子自身が気づいていないその子の良さを伝えてあげたい」って思っています。すごく傲慢な考えですけど、メンバーの魅力を引き出せるのって私達ファンの力も大きいと思っているんです。

(2枚出し以上の時)自分から喋りすぎない
これはこの前初めて2枚出しをした時に気が付いたのですが。「その子のポイント」にしっくりきた言葉を投げかけた場合、こちらが思っている以上にメンバーの方からその事について話をしてくれる事があります。なので「引き」の部分を作っておけるとメンバーが自発的に話してくれる言葉を引き出せることがあるのかなと思いました。上級テクニックだとは思いますが…!!
手持ちのカード(ネタ)は握手券の枚数に応じて用意しておくけど、それを全て出す事に執着するのではなく、相手の反応に応じて落ち着いて反応する。これが大切だと思いました。

考えてみるとこれって特に握手会に特化したことではなく普段の会話にも言えることだなぁ、と自分で書いていて思いました。


とりあえず、今日現在思っていることはこんな感じです。何か参考になる部分があったら嬉しいです。他の人がどんな風に握手会に臨んでいるのかも読んでみたいです!!(ブログでも、Twitterでも!!)