読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しのざきのおと。

生田衣梨奈さん(モーニング娘。'17)に元気をもらいながら色々な事を考えています

生田さんヲタがアンジュルム主演 「モード」を見に行ってきました①

コンサート・イベント・観劇・映画 ハロープロジェクト

f:id:shino-eco:20161011190841j:plain

アンジュルム主演の演劇女子部「モード」を見てきました。

①でその感想、②でモードを通じて考えたことについて書こうと思います。

微妙にネタバレですのでご注意下さい。

 

1960年代の終わり。
まだまだ女性の社会進出が難しい時代。
日本初の本格女性ファッション誌創刊に熱意を燃やす女編集者と、モデルとなった良家のお嬢様がいた。
アンジュルム主演でお送りする、自分らしく生きようと闘う女たちの物語。 

 というのが「モード」のあらすじです。話は本当にこのまんまと言いますか、このあらすじを読んで「こんな結末になるんじゃない?」と予想されたものと、ほぼ同じような結末を迎えると考えて良いと思います。

これは別にディスっている訳でもなんでもなく、私は面白いお話の骨格というものはシンプル且つ普遍的なものだと思っているので、奇をてらっていない王道ストーリーで非常に良かったと思います。基本をどう料理するか、が役者さんの腕の見せ所だと思うので…!

 

・岬かよ(ももにゃ):えー、ももにゃって本当に中1なんだよね!?という大人っぽさでした。設定は高槻やよいちゃん的というか、家計を背負うお姉ちゃんポジションでなんだかそれが妙に似合っていた。歌のちょっとおまぬけな感じもなんか可愛かった。

 

・山口桜(かななん):桜さんはやるのすごい楽しいだろうなーと思いながら見ていました。私もやってみたい(笑)。

 

・三田愛子(りなぷー):私はそもそもアンジュルムメンバーそれぞれの声をきちんと把握していないのですが(!!!)、あ~、りなぷ~ってこんなに可愛い声なんだ!?とびっくりしました。後半のお洋服、めっちゃ可愛かったな~

 

・西園寺実(むろたん):むろたんは喋り声をあまり聞いたことが無かったんですが、あ~こんな可愛い声なんだな~!と思いながら聞いていました。実さんは腑抜けの御曹司タイプかと思いましたが、優しいくてパートナーの事を大切にするタイプなんだな~と見ていてほっこり。でもほんとに実さんに美智子さんは守れるのかな、逆じゃないかな、とも思いました…(笑)。

 

・奥山良子(あいあい):前評判がすごく良かったあいあい。見て納得。とってもあいあいっぽかったです(笑)。と言うかあいあいってとってもスタイルがいいですね!?びっくりしちゃいました。変装スタイルのあいあいの写真ほしいなぁ(笑)

 

・江森華子(りかこ):りかこちゃんはほんまにモデルさんやってる姿が似合ってました。ランウェイ歩く姿がめちゃくちゃ様になってる。気が強い感じもめちゃめちゃ似合ってて可愛いかった。はっきりとしたデザインのお洋服を着ても全く負けない、「着こなしてる」感がかっこ良かったです。

りかことこぶしのたぐっちはお顔の系統が似てるな~と思っているんですが、骨格が似てると声も似るのかな? 歌声が似ている気がしました。

 

・佐山孝太郎(たけちゃん):今回の舞台の「しのざき賞」はたけちゃん。可愛い。愛くるしい。ダンスの芯がしっかりしてる。体からリズムを感じる。さりげない動作に基礎力の高さを感じる。好き←

 

・細川美智子(かみこ):かみこはいいとこのお嬢様がほんと似合うわ。清涼感…だけれども芯の強い感じ。正統派ヒロインだわ…かわいい…
そして美智子さんの歌がいいなぁと。わからないけどわかることが1つだけ、っていい歌詞だよなぁ。

 

・葛城弥生(あやちょ):弥生さんとあやちょを重ねて見ている方は多いと思うのですが、私もその一人です。あやちょが世の中に対して「和田彩花」として立ち向かう、凛と立つ姿が、弥生さんの姿に重なるな…と思いました。

私は「学生時代には周りからの理解をなかなか得られなかった人が、仕事をしていく中で同志に出会う…」という話の展開が大好きなので(弥生には桜さんという友人がいましたが)、同志が段々と増えていく展開は見ていてとても嬉しい気持ちになりました。

 

今回のお芝居はもちろんあくまで「お芝居」な訳ですが、あて書きの部分も多いのだろうと思います。その「あて書きされた」部分を彼女達がどう受け止め、どう表現し、どうこれからに反映させるかが楽しみだなぁ…と思いました。

 

アンジュルムのお芝居は、スマイレージ時代の「スマイルファンタジー」を見ずに後悔したので、次にお芝居がある時は絶対に見に行こうと思っていました。

で、今回見に行った感想としては「行って本当に良かったな~」でした。1人1人の女の子が輝いていて、その姿を見せてもらえるだけでもありがたかったです…

あと、全労災ホールはコンパクトでよく見えましたし、今回の演出上ランウェイと客席中列あたりで歌う演出があったので、比較的後ろの方で見た私も至近距離でアイドルさん達を見る機会があり(ひぇぇぇぇぇ…!!!!輝きで消滅する…!!!!)と思いながらアイドルさん達を拝見させていただきました…寿命は縮みましたがありがたいことです…

 

お芝居はコンサートとは違った良さがあるので、また次のお芝居も見に行きたいです。と言うか、アンジュルムのコンサート、行きたいな…