しのざきのおと。

2018年はたくさん本を読みたいなぁ

エムステ新規である私にお気に入り曲について話させてほしい

またSideMの話です。

 

そもそも自分が10年前にアイドルマスターに興味を持ったのは萩原雪歩さんが大変可愛らしかったからというのも大きいですが、曲が良かったから、というのもとても大きいんです。

 

そんな私がSideMの曲を1曲も知らないままSideM LIVE ON ST@GE!を突然やりはじめてみた訳ですが、やってみた感想としてはキャラに愛着が湧くのはもちろん「曲がいいな…!」というのがすごくありました。

それでまぁ、あれよあれよという間に2nd STAGEのBDを購入しましてエムステに入っている曲以外の曲はそこで初めて聞いたのですが(そもそもSideM自体をやっていなかったのでDRIVE A LIVEも知りませんでした…!!!)、それでますます「あー、いい曲たくさんあるんだな~」と思い、まぁ、そうなると、自然とCDを聞かざるを得なくなりますよね。はい。それでまぁ聞いてみると、元々好きな曲はさらに好きになったり、新しく好きな曲ができたりしますよね。はい。

 

そんな訳で、SideMド新規が現時点での特にお気に入りの曲についてただただ語りたいと思います。

…と思ったんですが、現時点で出ている曲の中から全てのお気に入りの曲について語るとものすごい量になることに気付いたので、とりあえずエムステ登録曲のみに絞りました。

結局登録されている全曲について書いてしまいそうになってしまいそうだったので「特に」好きな曲を選びましたが、基本的には全曲好きです…ほんとに…

「曲自体の好きさ」優先で選びましたが、「ライブでの演出」も含めるとまた少し違う選び方になる気がします。

 

スマイル・エンゲージ(Beit)

スマイル・エンゲージが数々の人をサイドMに取り込んできた曲だとか、老若男女問わずティアラを生やす曲だなんて事は後で知ったのですが、まぁ私もご多分に漏れず、サイドMで最初に殴られたような衝撃を受けたのはこの曲でした。

あら、なんか爽やかなイントロから始まったわ?…と思ったら急な爽快感キター!!(エムステ版だと最初のサビがカットされている)、そしてそののまま手を取って走り出した~!!すごい、なんだか夢みたい、え?あら?あれ~?ここは夢の世界???

と思っているうちに曲が終わりました…なんだこのすごい爽やかなエネルギーは…さらにオリジナルメンバーを揃えてプレイするとビジュアルも清らかすぎて浄化される…

とまぁ、既に何万人もの人が抱いた感想だと思うのですが、私もやはりスマイル・エンゲージの持つキラキラのオーラにやられました。ここから、サイドMという物に対する興味がぐっと高まったのを覚えています。

 

この曲については数々の名ブログがありますし、有名な記事かとは思うのですが、お気に入りなのでリンクを貼らせていただきます。

xl0l0x.hatenablog.com

 

∞ Possibilities(S.E.M)

サイドMはやったことがなかったけれど、フォロワーさんでやっている人はたくさんいたので、サイドMの登場人物の事はぼんやりは知っていました。特にS.E.Mの道夫さんと山下先生のことは何となく印象に残っていて、「あ~、この人達のユニットか~。どんな曲なんだろう~」と思ってプレイしてみました。

ら、「…どうしてこうなったん…?」というCDジャケットとは裏腹に、非常にかっこいい曲でした。そして3人のVo値平均値が高い、何より越えてしまうところのVoがやばいと思いました。

私は勝手に「越える」ところの歌割りは山下次郎さんだろうと思っていました。しかしながら私は気付いたのです。どうやらゲーム内の歌割り配置はCDジャケットに準じているようである、ということに。そして、越えている男は上手側に配置されているということに。「…まさか…」そのまさか、越えていた男は硲道夫その人だったのである。これはものすごい衝撃であった。え、ちょま、やめて下さい先生…

そして絵柄的にてっきりまいたる先生がアイドルをやりたいと言い出してそれになぜかつきあう次郎先生と嫌々ながらもチームを組む道夫さんかと思っていたらまさかの言い出しっぺが道夫。道夫、またしてもお前か…

話は逸れましたが、∞ Possibilitiesは曲もいいし歌詞がとても好きです。Study Equal Magic!もなんですが、教師だった3人の、若人に対するあたたかい眼差しを感じまする。世の中の大人は若人にこんな風に思ってるんだよ、と若人に伝えてあげたい。

 

喝彩! ~花鳥風月~(彩)

ゲーム上で喝彩を初めて聞いた時、翔真さんのソロのところむちゃくちゃうまいやんけ、と思いました。そしてにゃんす役の声優さん、すごいなと思いました。正直九郎さんの印象はそれに比べて薄かったのです。

でも、セカライのBDを見て、ユニゾン後の九郎君のソロ部分を聞いて「めっちゃ九郎君らしい透明感のあるいい声やんけ…!!!」と驚きました。やはり曲にはライブになってみないとわからない魅力がある。(あと単純にスマホだと聞き取りづらい音があるというのもある)

どのユニット曲もそうですが、この曲は彩らしさが満点で、何度聞いても明るい気持ちになります。ゲーム画面も鮮やかで素敵です。

 

勇敢なるキミへ(FRAME)

泣いてしまうやつ…。

某所で超音楽祭の動画を見た時、サビの部分を聞いていたらなぜか号泣してしまった。

後日、一人でカラオケに行った時に歌ってみたのだが、やっぱりサビの部分になったらなぜか号泣してしまい歌えなくなってしまった。疲れてるのかな…?別に「守ってほしい願望」がある訳じゃないんですけどね。

でも、なんか「あったかくて大きい物が傍にいてくれること」がただただ嬉しかった、のかもしれない。誠司さんの「でっかい」声に救われた人はたくさんいるのではないだろうか。

 

Café Parade!(Cafe Parade)

楽しい。とにかく楽しい。おもちゃ箱をひっくり返したみたいな楽しさがある。

カフェパレの曲はミュージカルっぽい楽しさがあるので、コンサートの後日談の所で話に出ていたけれど、いつか生オケとかと合わせてやってくれたらとっても楽しそうだなぁ。

そしてアスランさんのVoがすごい。さらにエムステだとアピールに阻まれてわかりにくかったけど、神谷さんのVoもやばい。5人中2人がこのVo値ってカフェパレ、やばいなと思った…

 

The 1st Movement ~未来のための二重奏~(Altessimo)

ライブ版を聞いてより好きになった1曲。 

何となく、2人とも美しいビジュアルをしているのでお高くとまっているタイプなのかな?と思っていたのですが決してそんなことがなくて、歌詞もメロディーもとても素直で伸びやかで…グループのイメージカラーと相俟って、暖かい光に包まれるような気持になれます。

 

Legacy of Spirit(Legenders)

超かっこいい(語彙力)。

歌詞も「Legendersだな…!!!」って感じで(どのグループ曲もそうですが)かっこいいし、単純に曲がかっこいい。好き。

そして雨彦さんとクリスさんのVoがやばい。クリスさんとカフェパレのアスランさんは2人でオペラを披露してほしいよ。

雨彦さんとクリスさんの間にいる想楽君の声がまたいい。何と言うか、グループとしてのバランスがいい。癖になる声だ。

 

 …という感じです。

曲の感想というのはあんまり書いたことがなかったですが、書いていて楽しい気持ちになるということがわかったので、サイドMだけに関わらず、また書けたらいいなと思いました。

 

あと、個人的にはインスト版を聞くのが大好きなのでサイドMの曲もインストを配信してくれたらいいのにな~と思いました。DL販売でいいので、やってもらえたら嬉しいのになぁ~ ランティスさんに頼めばいいのかしら。